スピッツチェリー 「愛してる」の響きだけで…


     大好きな「チェリー」(1996年)は、ずっと後に知った。
     こんな凄い歌があったのかと一目惚れ(一耳惚れ)。
     スピッツの今どき珍しい真面目そうなボーカルの草野正宗さんに共感を覚え、
     CDを買って青森市の自分の店でいつも聴いていた。
     カラオケにも挑戦したけど、こんなに高いキーは歌えなかった。
     深い深い意味が感じられる歌詞も素敵だ。

   
  〜「愛してる」の響きだけで強くなれる気がしたよ〜
     
「愛してる」と彼女が言ったのだろうか?それとも「チェリー」の自分?
     どちらだったとしても「愛」はすべての行動の原動力だと思う。

             
〜ジョヴァンニ安東 2009.7.31
                 最も大好きな私のライブ動画 2012.9.9リンク切れ更新




「雪女U 一期一会」
      〜小泉八雲「怪談」より

小泉八雲の「怪談」は悲しくて切ない恋物語が多い
そんな儚い彼の夏物語は影絵の世界にぴったりだ
これは高校2年生の美術の授業で描いた作品。
先生から怪談の話を聞き、好きな場面の絵を描いた。
私は雪女と若者の再会の場面を選んだ。
美しい黄昏時に若者は雪女とは知らずに
楽しそうに娘と話をしている。
物語の場面としては何でもないところだが
この場面に私は「憧れの全て」を描いた。
この絵は私にとって将来の芸術への道(志)を決定づけた。
安東の代表作は何かと言われれば、この絵を私は選ぶ。
今でもこの作品を越えるものを私は描くことができていない。

素晴らしい芸術は、年齢でも経験でもテクニックでもない。
無心に情熱を注いで描くその姿勢が真の芸術を産むと思う。

名曲動画館

銀河鉄道紀行1962◆高校時代

ジョヴァンニ安東美術館◆雪女T◆雪女U 一期一会


 BY JOVANNI ANDO   
サイトマップ

 































































































inserted by FC2 system