*ゲージツBBS*
 
     ゲージツ情報交流掲示板
  〜気軽に足跡、ご意見、ご感想、
    芸術情報や写真等を投稿して下さい!

新羅須地人協会足跡交流掲示板集
 
   
    隠れキリシタンの里・岩手県一関市藤沢町大籠
隠れキリシタンの里・大籠
    ここで舟越保武氏の作品を多数見ることができます

  舟越保武 彫刻館
                     YASUTAKE FUNAKOSHI'S SCULPTURES 

舟越保武作品写真館 撮影:ジョヴァンニ安東


岩手が生んだ世界の芸術家と言えば、詩人・宮沢賢治と彫刻家・舟越保武
ここは、岩手県出身の舟越保武(ふなこしやすたけ・1912〜2002)を紹介する個人サイトです

舟越保武は、元東京芸術大学教授で、戦後の日本を代表する世界的な彫刻家です
代表作は「長崎26殉教者記念像」(1962年、高村光太郎賞)
「原の城」(1972年、中原悌二郎賞、島原の乱を題材にした作品でローマ法王より勲章)

彼の美しい作品は全国各地にあり、ふるさと岩手、特に盛岡周辺で多く見ることができます
端整で清楚な顔立ち、かすかに優しく微笑んでいる西洋の女性像に心を奪われます
カトリック教徒の彼はキリスト教を題材にした作品が多く
特に「長崎26殉教者記念像」は壮大な作品、天に祈る姿は美しいです


岩手県立美術館 舟越保武 作品 



           舟越保武文献より
舟越保武作品集  
  
    女性像      長崎26殉教者記念像


舟越保武の生涯
        舟越保武年譜


◆息子の死、天使の御顔
2012年3月11日、1年前に東北大震災があった日、舟越保武氏のスペシャル番組がNHKで再放送された
「やさしさ、静けさ、そして強さ〜彫刻家・舟越保武の世界〜」(日曜美術館
私が一番心を打たれた作品は、舟越氏の生後8ヶ月の長男の絵だった
棺桶の美しい花々に囲まれて静かに眠っている天使の御顔
最も愛する息子の死を見つめる父親の姿を想像すると涙がでてきそうになった
クリスチャンである父親に反抗していた彼は
息子の死後、洗礼を受け、彫刻家として多くの名作を残した…  〜ジョヴァンニ安東ブログ「余言者ヨシュア紀」より抜粋


◆中世ヨーロッパの職人ギルドを思わせる彫刻家、舟越保武
舟越先生の彫刻が多くの日本人に愛されるのはどうしてだろうか。
それにはさまざまな理由があるだろう。
しかし私はそれを一括して「純粋なものから聖なるものへ」の人間の憧れを刺激するからだと思っている。
先生の彫刻には純粋なものがまさに聖なるものに転化する微妙な、神秘的な何かが発している。
だからそれを見た時、我々の魂の最も奥にある大いなるものへの希求が刺激されるのである。
その神秘は特にキリスト教的神秘に限定しなくてよい。
人間の誰もが持っている悲しみと苦しみとが、思わず手をあわせるあの気持、
それが先生の御作品のどれにも存在しているのだ。…  〜「聖なるもの」 遠藤周作氏より抜粋



舟越保武リンク
◆岩手県立美術館サイト「舟越保武」プロフィール

◆岩手県立美術館サイト所蔵「舟越保武作品」

 充実した舟越作品群〜69作品も見れます!

◆日本二十六聖人記念館サイト
 舟越氏が制作した長崎26殉教者記念像が見られます


このページで聴きたい安東音楽動画
Abide with me 讃美歌39番「日は暮れ」
◆ピアノ伴奏:米国教会伴奏集より 歌・写真:ジョヴァンニ安東
♪安東音楽館  安東音楽館

それからのモリオーネ(盛岡)館

ジョヴァンニ安東美術館 

ジョヴァンニ安東写真館◆舟越保武彫刻館◆舟越保武作品写真館

                              >
◆一関市藤沢町大籠写真館◆岩手県立美術館大聖堂写真館

 BY JOVANNI ANDO  
 サイトマップ  2013.9.12c


#015照井美#016盛龍ね#017舟越彫#018アテル#019賢治館 

   









































































































































































inserted by FC2 system